家作りのお手伝い

b0112587_2322695.jpg今日は朝から雪。
もっと降るのかと思ったら、あっけなかった。
夜勤の夫に雪だるまを頼んでおいたら、こんなのが作ってあった・・小さすぎるよ。

会社の同僚が自宅の建替えを計画している。
まだ何も始まっていない、これから!な状態がとても懐かしい。
同僚が中心に話を進めることになるので、先週末一緒に展示場に行ってきた。
彼女にとっては初めての展示場、自分のことのようにワクワクしてしまう。
私は初期の段階でヘーベルに心を決めていたが、やはり主なハウスメーカーはすべて見てまわった。
他社の特色も理解した上でヘーベルを選びたいと思ったし、真剣だったので詳しくならざるをえなかった。
というわけで、約2年間のブランクがあるにもかかわらず、各社の構造や特徴が思ったより頭に残っていて驚いた。
どこの営業さんにも「最近建てられましたね?」とバレた、
そして「ヘーベルハウスは高い買い物でしたか?」とあの質問をされた(笑)
入居して1年半じゃ「丁度良い値段です」とはまだ言えないよ~

それはともかく、家作り 楽しすぎる(人の家でも)
まだ構造やハウスメーカーのこともこれから勉強という段階。
さりげなくヘーベルをお薦めしつつ、口を挟みすぎないよう気をつけつつ、家ばなしを出来るのは
幸せ。
仕事中に、素晴らしい土間付きパントリーを思いつきメモしたり。
まず入門書を読んでもらい、一坪とは畳二畳分でね からの話。

どこのメーカーになろうと、我が家で参考になるところは大いにしてもらいたいし、
失敗した点や、見落としがちな点については本当に注意して欲しい。
損得なく、とにかく良い家が出来ると良いなという思いは、
我が家が建てる時に協力してくれた先輩方も、同じ気持ちだったんだな~と思います。

これからしばらくは頭が家モードになりそうです☆
[PR]
by masami-tam | 2008-01-23 23:49 | くらし


<< お花(自主トレ) 東京都庭園美術館 アール・デコの館 >>